蓬莱物語

ここはメイプルストーリーの紅葉鯖で活動中の蓬莱のブログです。 どうぞごゆっくりと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/02/10 [Sat]

蒼龍の騎士Ⅵ

?「む…さっき送ったばかりなのにもう足りないだと…?一体どうなってるんだ…。鳳凰の方は圧力をかけておいたはず。となると外部か…。」

―聖凰界―

雷禮「にしても…新しい職の力ってなんだろな。」
蓬莱「まぁ奴らが来たら試してみよう。それで分かるはず。」
二人は聖凰界を見学している。
雷禮「うぉっ!?これすげぇぞ!神ビートル黒!3mだってよ!」
後ろから当たり前、と言った様子が伺える声がかかる。
キリア「ここでは神武器なんて最低ラインよ。ここでは書が4倍の効果を発揮するの。つまり、30%二枚張れば神武器なんて完成よ。ちなみに、聖凰界の技術で武器の装備Lvを下げる事も可能になったわ。」
キリアはそういい終えた後、雷禮の言ったビートルを掴み、店員に「これ買うわ。」と言うと、お金を払い懐から書を出す。
キリアが書を雑にビートルに張る。ビートルは5回光り、強さを増した。
キリア「雷禮だったっけ?あんたこれ装備してなさい。」
そういうと、雷禮に向かってビートルを投げる。
雷禮は落とさないようにビートルを受け取り、喜の表情を浮かべた。
キリア「蓬莱、あんたはこれ。」
キリアは蓬莱に腕時計(?)を投げた。
蓬莱は受け取った後眺めるが、別に何も変わらない腕時計だった。
キリア「そこの横のボタン押して。」
蓬莱が言われた通りに押すと、腕時計から鳳凰の部屋で見た地球儀のミニチュア版のような物が出てきた。
キリア「それで魔物の現在地が分かるわ。少しでも多くなると腕時計が振動して知らせてくれるの。」
雷禮が欲しがりそうだったので、雷禮に見つかる前に付け、見つからないようにした。
キリア「そろそろ帰るわよ。」
キリアがそういうと、三人の姿がふっと消え、カニングシティーに戻ってきていた。
蓬莱「早速だな…。」
前にはパパシュが存在していた。
雷禮「やっと力を使えるのか!」
二人が言っている間に、パパシュは暴れ、街を壊そうとしている。
キリア「まずはこれ。」
キリアが言うといつの間にか持っていた珠を潰し、砕いた。
パパシュの動きがスローになり、他の人々が止まった。
キリア「これであんた達がいくら暴れても他の人からは見えない。思う存分暴れていいわよ!」
キリアが言うのと同時に蓬莱が飛び出し、パパシュに近づいていく。
蓬莱「パワーストライク!」
蓬莱が発動したのはパワーストライクだった―――
つもりだった。
だが、実際はパワーストライクの形式をとっているだけで、普通とは違う。
剣に張り付いている。
パワーストライクの力が相手に流れなかった。
ただ剣で叩いたダメージだけが虚しく現れ、蓬莱は下がる。
蓬莱「なんだこれは…!?」
キリア「撃つって意思を表してみなさい!!」
キリアが後ろから大きな声で叫ぶ。
蓬莱は構え、狙い、力を込めた。
刹那、剣から張り付いていたパワーストライクの力が刃になり、パパシュ目掛けて飛んでいった。
パパシュに見事命中し、パパシュは粉々に砕け散った。
キリア「ほら!まだ来るわよ!」
蓬莱「な…痺れて動けない!」
キリア「ドジねぇ…。パパシュの胞子を浴びるなんて…。」
雷禮「オレの出番だぜ!ひゃっはぁぁ!!」
キリア「あんたはラッキーセブンが10発一気に出せるようになってるわよ!」
雷禮はキリアが言う前に知っていたかのようにラッキーセブンを放ち、寄ってきていた全ての敵を跡形も無く消し去った。
キリア「とりあえず終わったみたいね。」

続く。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントを投稿する


管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://houraimonogatari.blog90.fc2.com/tb.php/11-26ec0612

この記事へのトラックバック

 | HOME | 

プロフィール

蓬莱

Author:蓬莱
現在24Lvです。

現在の育成キャラ

20070130070222.jpg
雷禮x賭空 現在27Lvです。

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

一日1クリックご協力お願いします。

リンク用バナー

リンクの際はこちらのバナーを使用してください。

20070204000648.png

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。