蓬莱物語

ここはメイプルストーリーの紅葉鯖で活動中の蓬莱のブログです。 どうぞごゆっくりと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/02/06 [Tue]

蒼龍の騎士Ⅴ

キリアは一枚の札を取り出し、早口で読む。
キリアが光に包まれ、現れたキリアは背中に透明の羽が生えた、まるで妖精と言う表現がぴったりの姿に変わった。
キリア「さ、行くわよ。」
二人が驚いて止まっているうちに、キリアはドアに描かれていた星型の模様をなぞると、勝手にドアが少しだけ開き、キリアは中に入っていってしまった。
少ししてから二人は慌てて中に入っていった。

全員が中に入ると、後ろでゆっくりとドアが閉まった。
キリア「鳳凰様、ただいま戻りました。」
いつの間にか深々と頭を下げたキリアが静かに言った。
蓬莱と雷禮はあたりを見回しているが、どこにも鳳凰に見える人物は、いや、何も見えなかった。
部屋には花瓶とそれが置かれている台が一つあるだけで、後は何も無い。
と、不思議に思っていると花瓶から半透明の人物が現れ、こう言った。
鳳凰「ご苦労だったな。先に下がっていてよいぞ。」
キリアは「はい。失礼します。」と言い残すと、すっと消えた。
鳳凰「君等は聖なる力を持っているらしいな。」
蓬莱が「はい。」と素直に答える。
鳳凰「実は君等に頼みたい事があるのだが…。」
鳳凰はそういうと、指をパチンと鳴らした。
音が鳴ったと同時くらいに床に穴があき、中から半透明の地球儀のような物が現れた。
鳳凰「現在、この世界には100程の見えない魔物が存在している。それらの中には無害なものもいるのだが、大半が傷をつける事を楽しみとしている奴らばかりだ。」
雷禮は小声で「この地球儀…ほしいな…」と漏らした。
鳳凰「だが、奴らはある条件を満たさないと暴れる事が出来ない。その条件とは、一つの感情を極限まで高める事だ。」
雷禮は相変わらずどうやって地球儀が出ているのか観察している。
鳳凰「奴らは一回死んでいる。そして殺された奴への憎しみを最大まで引き出し、この世に透明な姿で舞い戻るのだ。」
蓬莱「なんだか分かってきました。つまり、今モンスターは大量に殺されているため、それが一斉に押しかける可能性がある、という事ですよね。」
鳳凰「ああ。そうだ。そんな事をされたら、この世は終わりだ。だから君達に頼みがある。透明な魔物を見たら、すぐに退治してくれないか?」
蓬莱「はい!もちろんです!」
鳳凰「ありがとう…。お礼と言ってはなんだが、君達に新しい職の力を与えよう。」
鳳凰が言うと、壁に紋章のような物が浮かび上がり、光が二人に向かって飛ぶ。
そして二人の中に光が入っていった。
鳳凰「その力は透明な魔物と戦う時、最大限に君達を強くする力だ。ただし、あまり連続で使うと命に関わるから気をつけてくれ。」



20070206234018.jpg

続く。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ300番目の
キリバンゲットダァ~なんか嬉しいぜ~☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ

コメントを投稿する


管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://houraimonogatari.blog90.fc2.com/tb.php/10-7cd13563

この記事へのトラックバック

 | HOME | 

プロフィール

蓬莱

Author:蓬莱
現在24Lvです。

現在の育成キャラ

20070130070222.jpg
雷禮x賭空 現在27Lvです。

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

一日1クリックご協力お願いします。

リンク用バナー

リンクの際はこちらのバナーを使用してください。

20070204000648.png

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。